腰椎分離症すべり症の治療

腰椎分離症すべり症の治療とは?

腰椎分離症・すべり症は、大抵の場合は保存療法を行えば改善させることができます。

 

時間が経過し大人になって症状が悪化してから気付いても

 

骨の分離を治すことはできませんが、でも、分離症になったとしても

 

初期段階の少しひびが入り始めた状態で

 

早期に発見することができればまだ治すことは可能です。

 

ですから、まずは、腰痛分離症・すべり症の原因となった

 

スポーツなどの激しい運動は避けて、できるだけ安静にし

 

て腰への負担をなくすことが第一に考える必要があります。

 

その際に、腰への負担を少しでも減らすために

 

コルセットを着用して腰を固定させたりします。

 

このように、痛みが軽くなるまでは、コルセットを着用するなど

 

いかにして腰に負担を掛けずに安静にしたいられるかが、

 

その後の骨のひびの癒合ができるかどうかでかなり重要になってきます。

 

そして、腰の痛みを和らげるためには、消炎鎮痛剤や神経ブロック注射

 

などによって痛みを鎮めることができ、筋弛緩剤によって硬くなった

 

筋肉のコリをほぐし血流を改善して痛みを軽減できます。

 

また、血流の改善と言えば、温熱療法も同じ効果が期待できるので有効です。

 

さらに、痛みが解消されてきたら腹筋や背筋などのストレッチを取り入れることで

 

腰周りの腹筋や背筋を鍛えて、腰椎を支えて負担が掛か

 

らないようにし、継続すれば再発も防ぐこともできます。

 

ただし、症状が重い場合は、保存療法を行っても

 

腰椎分離症・すべり症を治すことはできません。

 

その場合は、金属器具を使って患部を固定したり

 

自分の骨を移植するなどの手術が必要になってくるのです。

 

関連情報

生活習慣病を改善する食事法を研究している崇高クリニックの荒木裕院長の断糖食を試してみませんか?