腰椎分離症すべり症の症状

腰椎分離症すべり症の症状とは?

腰椎分離症・すべり症は、小学生から高校生にかけて

 

10代の若い成長期にスポーツなどの激しい運動を繰り返し行うことで

 

骨に負担が掛かり疲労骨折を引き起こすのが原因と言われていますが、

 

分離症の症状としては、運動をしている際には痛みを感じて、

 

普段の日常生活の安静した状態では痛みを感じないことが多いのが特徴です。

 

ですから、この分離症の場合、普段痛みを感じないことが多いので

 

分離症を発症していることに気付かないことがあり、

 

大人になってから分離症になっていることに気付く方もいます。

 

そして、体を後ろに反らすと痛みが強くなるのも特徴で、

 

長時間ずっと立ったままの状態であったり重い荷物を持ったりする腰に

 

負担掛かる仕事をすることでも腰の痛みが強くなってしまいます。

 

また、分離症の症状が悪化したり、椎間板や椎間関節が

 

老化してしまことによって、椎体が前方にすべった状態になり、

 

分離すべり症や変性すべり症を引き起こしてしまいます。

 

これらの分離すべり症や変性すべり症になると

 

椎体が前方方向にすべって移動した状態になるので、

 

脊柱管が狭くなってしまい、中を通っている下半身に関係する

 

馬尾神経が圧迫されて、腰から足に掛けての下半身に痛みや

 

しびれの症状が現れ、歩くことが困難になったり、

 

排尿・排便機能にも障害が見られるようになってきます。

 

さらに、腰椎分離症・すべり症は、脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア

 

坐骨神経痛などの下半身の痛みやしびれを引き起こす

 

他の腰痛の症状へと進行するのも特徴と言えます。