腰椎分離症すべり症の原因

腰椎分離症すべり症の原因とは?

腰椎分離症・すべり症の原因は、大抵の場合小学生から高校生にかけての

 

若い成長期にスポーツなどの激しい運動を行い、長期間に渡って

 

腰椎の椎弓部分に何度も繰り返し負荷を掛け続けて椎弓部分に

 

ストレスや疲労が蓄積してしまったことで、疲労骨折が起こることだと言われています。

 

腰椎には前方部分に円形の椎体と後方部分の椎弓とが繋がって構成されています。

 

そして、後方部分に位置している椎弓には、上下の関節突起があり

 

その上関節突起と下関節突起の間の部分が、スポーツなどの激しい運動によって

 

長期間繰り返して何度も付加が加えられることでひびが入って疲労骨折してしまうのです。

 

まず、分離症では、椎弓の上下の関節突起の間の部分が

 

疲労骨折を起こし、上下の関節突起が分離してしまいます。

 

上下の関節突起が分離して安定しない状態になっているので、

 

この状態で激しい運動をして負荷を加えるとグラついてしまい

 

このグラつきが原因となり痛みが生じるのです。

 

また、変性すべり症は、老化によって椎間板や椎間関節の機能が低下して

 

椎体を支える力が弱くなり、椎弓の上下関節突起が分離することなく

 

前方方向にすべることが原因となり脊柱管が狭くなり神経を圧迫して痛みを発症します。

 

さらに、これらの分離症と変性すべり症が同時に起こった状態を

 

分離すべり症と言い、この分離すべり症が原因となって、

 

変性すべり症と同様に脊柱管が狭くなり神経を圧迫して腰が痛むのです。